美しい歯を手に入れるために|ホワイトニングとインプラントは人気

歯の模型と歯ブラシ

特徴や豆知識

歯みがき

最近ではインプラント治療が注目を集めています。インプラント歯を失った部分の顎の骨に穴を開けて、歯根の代わりとなるチタン製のインプラントを埋め込みます。そして、その上から人口の歯を取り付けます。この治療のメリットとしては、ブリッジの様に他の歯に負担をかけることなく治療することができるという特徴があります。そして取り付けた歯は、異物感や違和感がほとんどないという特徴もあります。また口の中で動きやすい入れ歯に対して、発音にほとんど支障がないという特徴もあります。ただし、インプラントを埋め込む外科的な手術が必要となることには注意しましょう。また他の治療法に比べて治療期間が長いと言う特徴もある事は知っておくと良いでしょう。

失った歯の見た目や機能を取り戻すインプラント治療です。ここでは豆知識としてインプラント治療の歴史について振り返ってみます。最初はなんと貝殻から始まったと言われています。ヨーロッパでは3世紀頃の人骨から鉄製のインプラントが、南米では7世紀頃の人骨から貝でできたインプラントが発見されています。このように歴史はとても古いことがわかります。その後、金やエメラルド、サファイヤやアルミニウムなど様々な素材を埋め込んだ治療が行われていたことがわかっています。現在ではチタンが使われていますが、これは1950年代にスウェーデンの学者がチタンと骨が結合することを偶然発見したことから始まっています。そこからインプラントに関する研究が進められたのです。